トップ » 今月の幸真会&児玉宝謹 » 7月の幸真会&児玉宝謹 今後のトピックス

7月の幸真会&児玉宝謹 今後のトピックス

7月の幸真会&児玉宝謹 今後のトピックス

●’12年7月18日(水)12:45~(30分間)
神戸市北区山田町地域福祉センター
藍那小河ふれまち協議会主催、 お食事会のあとの演奏を児玉宝謹が務めます♪

●’12年7月25日(水)灘中央教室にて無料見学会♪
お稽古の様子をご一緒にお楽しみ下さい。。。 

<今後のトピックス>

●お盆休みは、8月12日~18土まで。。。

●’12年9月7日(金)12:40~13:40の間
神戸市葺合公民館別館にて、敬老演芸会出の演奏を児玉宝謹が務めます♪

●’12年9月16日(日)
大東市民まつりに「児玉宝謹の大東民謡サークル」選抜メンバーが出演♪

●’12年9月17日(祝月)神戸市東灘区深江地区、浄土真宗本願寺派正寿寺にて
「深江敬老会」に、日本民謡幸真会が賛助出演♪

●’12年10月6日(金)
コミスタこうべ主催、第8回ステージイベントに、
日本民謡幸真会が昨年に続いて賛助出演♪

●’12年10月8(祝月) 日本民謡幸真会発会25周年記念行事
会場及び時間:神戸空港ターミナル屋上「スカイラウンジ:コントレール」にて11時頃より
企画:後日にて掲載

’87年1月8日に、先代幸謹(たかのり)が発会した日本民謡幸真会は、
おかげさまをもちまして、今年で25周年を迎えることができました。
発会わずか3年後の’90年3月、先代が享年56歳で他界し、
その年の5月、若干22歳の宝謹(よしのり)が二代目会主を後継して以後、
翌6月にはバブル崩壊、’95年1/17には阪神淡路大震災、
その後の長引くデフレ景気と少子高齢化のあおり等に苦しみ続け、
更に’12年3/11の東日本大震災で、出口の見えない沈滞ムードに晒される・・・
幸真会の歩んできた25年の道のりは、
かつての「民謡ブーム世代」が築かれた華々しいものでは決してないどころか、
常に筆舌に尽くし難い波乱万丈の連続でした。
しかし、
そんな時代の混乱をこそきっかけとして、この国に、そして日本人全体に、
「新しい時代と人類」という胎動を感じるなか、
手前共日本民謡幸真会も、将来を見据えた新しい価値を加えようとしています。
・いままでに感謝を捧げ
・新時代を歓迎しながら
・皆様とご一緒にこれからも宜しくをテーマに、
色んな方々と和気藹々の楽しい25周年記念行事にしたいと思っております。
詳細は決まり次第、この場にて追ってお知らせ致します (^O^/
これからも日本民謡幸真会を、どうぞ宜しくお願い申し上げます♪

●’12年11月2日(金)
大東市民文化祭に「児玉宝謹の大東民謡サークル」選抜メンバーが賛助出演♪
詳細は後日にて。。。