トップ » 宝謹の「こだわり日本史」 » お市の方の現実性

お市の方の現実性

お市の方の現実性

「戦国時代の悲劇のヒロイン」といえば、織田信長の実妹お市の方でしょう。更に彼女の三人の娘、お茶々、お初、お豪も、それぞれ波乱の運命に翻弄され、唯一三女のお豪の方が、二度の再婚で徳川二代将軍秀忠の正室いわば「ファーストレディー」となって、悲劇の遺伝子は漸く終止符を打つことになるのですが・・・

才色兼備だったお市の方の類稀れな現実性は「賤ケ岳の戦い」での最期の時に遺憾なく発揮されました。お市は、三人の娘を敵将の羽柴秀吉に託すからです。

お市は秀吉を、草履取りだった頃から忌み嫌っておりました。下賎の生まれだったことと、異常なまでの好色であったゆえですが、長じて「姉川の戦い」を経て小谷落城以降、恨むようにさえなっていました。というのは、秀吉は、嫡男万福丸に対し、生きたまま串刺しにするという惨い殺し方をしたからです。ただこれには異説あって、実際に手をかけたのは秀吉の与力だった蜂須賀小六だったとも言われております。最後まで匿おうとした秀吉を不審に思った信長の疑いを晴らすため、敢えてそのような手段を取ったとも・・・

恨みにさえ思う秀吉に、何ゆえ彼女は娘たちを預けたのか。母親の心情は少なからず、幼い娘たちも感じ取っていたであろうのに。

これこそがお市の方の、ひいては女性の「現実性の極致」だと思います。
端的に言えば「自分を好きな男に託せば娘たちは最も危険がないから」なのです。

これに気付いた時、男性である僕は愕然となりましたねぇ~(笑)
男性同士のやりとりならばこうはいかないかも!

・女性だからこそ
・女性が持つ現実性だからこそ
・それらを自ら計算できるお市だからこそ

この決断が可能だったのでしょう。

お見事というか恐ろしいというか~
いや。
これは土壇場に立たされた女性の、やはり悲劇です。
平穏無事な人生であれば、こんな究極の決断も必要なかったでしょうに・・・
ただただ、哀れの一言です。

絶世の美女、お市の方。

今度生まれ変わる時は、いくさのない世でありたいと願っていたに、違いありません。