何故?

何故?

 何故? 「何が?」そうですね。何でしょう?

色んな「何故?」が、私の中にあります。いくつかご紹介しましょう。

 何故、私は日本民謡とJAZZを融合(コラボレート)させた音楽をするのか?

それは、地球は一つであり、何の分け隔てもない事を証明する一端として、です。

勿論、理論的な類似点を詰めた上での事で、単なる発想だけではありませんし、また、

別にJAZZでなくても良い訳で、幸真会合奏団では、童謡や唱歌、流行歌などもアレンジして、演奏に取り組んでいます。

 何故、そんな発想に至るのか?

それは「ジャンル」という区別を、ある意味で無くし、音楽という概念すら通り越して、

物理的現象である「音」という、最も根源的な部分から、発想がスタートしているからです。例えば、

洋楽のチューニングは「A」が基準。邦楽ではこの音は「1本」つまり、スタート「始まり」の意味で呼んでいます。

東洋と西洋で、表現は違っても同じ事を感じていた訳ですね。それは「同じ地球上だからこそ」ではないでしょうか。

 何故、私は新しい事をするのか?

それは、中道を見極めたいからです。

「民謡」は、伝統的な民俗芸能という性質上、保守本流は当然であり、当り前です。ならば、

新しい事や先進的な事も、それと同じエネルギーで取り組まないと、自ずと片寄りを生じ、固執してしまいます。

民謡に関わらず物事全て、一つの小宇宙と捉えればこそ、必ず中心点、つまり中道を見い出す事が肝要だと思います。

 何故、人は物を作り出すのか?

前述の「何故新しい事をするのか?」と類似しますが、

それは、有物社会で生きる以上、人が物を作り出すのはある種、当然の営みでしょう。しかし、

「真の」中道なら、それらをも超越した意識が、本当は必要だと思います。般若心経の「色即是空」のような・・・

しかし、これはなかなか出来るものではありません。どうしても見える物を見、音を聞き、触れる物を持ちます。

でも人は「有を経て無に至る」からこそ、真の中道の意味が理解できるのでしょう。ということは、

人にとって有は、無へのプロセスなのかも知れません。昨今の地球にとってそれは、大きな代償ですが。

一刻も早く、一人でも多く、「気付き」に至ればいいでしょうね。

 何故、「何故」なのか?

前述がヒントでしょう。早く「何故?」が無くなりますように。 

こころ穏やかに、すごしたいものですね。